アリアナ・グランデが新しく入れた漢字タトゥーの誤訳について弁解。今後どう対処するかについても明かした。(フロントロウ編集部)

 手のひらに新しく「七輪」という漢字のタトゥーを入れてお披露目したシンガーのアリアナ・グランデ。このタトゥーは大の親日家で、以前は日本語を学んでいたこともあるアリアナが、最新シングルの「7リングズ(7 Rings)」にちなんで入れたもの。

画像: 彫り師のケイン・ナヴァサールが公開したアリアナの「七輪」タトゥー。©KaneSavanard/ Instagram

彫り師のケイン・ナヴァサールが公開したアリアナの「七輪」タトゥー。©KaneSavanard/ Instagram

 しかし、アリアナがお披露目したタトゥーには、日本語がわかるファンからの「“七輪”って日本語で焼き肉に使う器具のことだよ! 」、「『7リングズ(7つの指輪)』を訳すなら“七環”とかのが良かったんじゃないの? 」とつっこみが殺到。

 その後、アリアナはお披露目写真を自身のインスタグラムから削除していたのだが、しばらく経ち、「七輪」のタトゥーを入れることになってしまったいきさつをツイッターでのファンとの会話の中で説明した。

 翻訳間違いへの指摘に「そうなの、日本の焼き肉も大好きよ」とユーモアたっぷりのコメントで返したアリアナは、続けてこう弁解。

 「“七”と“輪”の間に入るべきだった“つの指”を省略しちゃったの。(手のひらにタトゥーを彫るのって)もの凄く痛いんだもん。でも、“七輪”だけでも見た目はクールでしょ。とにかく、痛すぎて、あともう一文字彫るっていう選択肢は無かった」

 さらに、アリアナは、このタトゥーはどうせすぐに消えてしまうだろうと予測。とくに自発的に消す予定はなく、時と共に褪せるのを待つことを明かした。

「この場所ってすごく皮が剥けやすいし、このタトゥーはあんまり長持ちしないと思う。でも、消えてしまうのが残念だって思ったら、今度はちゃんと全ての文字を彫ろうと思ってるよ」

画像: アリアナのファンへの返答。現在は削除されている。 twitter.com

アリアナのファンへの返答。現在は削除されている。

twitter.com

 ちょっぴり恥ずかしい誤訳を体に刻んでしまいながらも、間違いを素直に認め、さらに、ものすごくポジティブな考えを明かしたアリアナ。

 どちらにせよ、次に日本語のタトゥーを入れるときは、機械の翻訳などに頼るのではなく、ちゃんと日本語が話せる人に確認してから彫るようにしたほうが良さそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.