Photo:スプラッシュ/アフロ,ニュースコム,Drew House
 ジャスティン・ビーバーがプロデュースするアパレルブランド、「ドリュー・ハウス(Drew
House)」のあるアイテムが注目を集めている。(フロントロウ編集部)

 先日、ついに本格始動したことをお伝えしたシンガーのジャスティン・ビーバーが手がけるアパレルブランド「ドリュー・ハウス」。

 スマイリー風のキャラクターがプリントされたTシャツやスウェット、70年代テイストを感じるベージュのコーデュロイ素材を多用した新コレクションは、発売されるやいなや、即全商品が即ソールドアウトとなるという、ジャスティンの人気ぶりを反映した、さすがの売れ行きを見せている。

 その中でも、海外でちょっとした話題になっているのが、定価138ドル(約15,000円)で販売されているコーデュロイ素材のショートパンツ。

 ブランド名にある「ドリュー(Drew)」とは、ご存知の人も多いとは思うが、ジャスティンのミドルネーム。

 そのロゴを大胆に“股間部分”に配したデザインが、斬新すぎると注目を集めている。

画像1: ©Drew House thehouseofdrew.com

©Drew House

thehouseofdrew.com

 お尻にロゴを乗せるデザインは2000年代後半にセレブを中心に一大ブームを巻き起こしたが、股間にロゴが入ったデザインは何とも新鮮。トレンドセッターとして若者に支持されるジャスティンの発案とあり、今後、流行する可能性も? 

画像2: ©Drew House thehouseofdrew.com

©Drew House

thehouseofdrew.com

 残念ながら、現在こちらのアイテムも完売中。再入荷に期待が集まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.