続編がすでに決定している映画『ミッション:インポッシブル』にヒロインとして出演する女優のレベッカ・ファーガソンが、同作の続編について語った。(フロントロウ編集)

 トム・クルーズの体を張ったアクションが毎回話題を呼んでいる映画『ミッション:インポッシブル』は、同作史上初めて2021年と2022年に2年連続で立て続けに公開が決定しており、トムのアクションに早くも注目が集まっている。

 『ミッション:インポッシブル』の続編は、公開がまだ先ということもあり詳細は明かされていないものの、早くも出演者のキャスティングに動きがあった。今回続編に出演すると明言したのは、同作品の過去2作品に出演しているイルサ役のレベッカ・ファーガソン。彼女は、自身が出演する最新作『ザ・キッド・フー・ウッド・ビー・キング(原題:The Kid Who Would Be King)』のプロモーション中にインタビュアーから『ミッション:インポッシブル』の続編での出演について聞かれると、出演するということを認め「私はまだ台本をもらっていないから、なんて言ったらいいかわからないわ」とコメント。

画像: 『ミッション:インポッシブル』ヒロインが続投を明言

 またレベッカは、『ミッション:インポッシブル』のシーズン7と8は同時に撮影が行われると語り、徐々に続編に向けて始動していることも明かした。

 先日には『ミッション:インポッシブル』7作目は2021年7月23日、8作目は2022年8月5日に公開されると発表され、続編は過去2作品で監督を務めたクリストファー・マッカリーがメガホンをとることが決定したばかり。超人気シリーズということもあり、『ミッション:インポッシブル』の動向には今後も目が離せない。(フロントロウ編集)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.