人気シンガーのサム・スミスが、ありのままの体型を公開して、自分の体に自信が持てなかった過去を振り返り、力強いメッセージを残した。(フロントロウ編集部)

「体型へのトラウマ」を乗り越えありのままの姿に

 人気シンガーのサム・スミスが珍しくトップレスの姿を公開して、引き締まっていないありのままの体型をあらわにした。

 子供の頃からぽっちゃり体型だったサムは、コンプレックスだった体型を改造するために、2016年~2017年にかけて激ヤセ。もともと長身なサムはモデルのようなスレンダーな体を手に入れた。

画像: 「体型へのトラウマ」を乗り越えありのままの姿に

 それ以降、ワークアウトや食事制限を続けてスリムな体型を維持していたサムだけれど、これからは自分のコンプレックスを受け入れ、ありのままの体型でいることを決意。

 インスタグラムに上半身裸の写真を公開して、自分の体に自信がなかった過去を振り返った。

「昔はTシャツ1枚の撮影でさえ、それに備えて何週間も食事を抜いていた。しかも撮った写真は結局ボツになることが多かった。昨日、そんなくだらない気持ちに立ち向かうことを決めました。もとの体型を取り戻して、お母さんとお父さんが無条件の愛を持って授けてくれたこの胸や腰、ぽっちゃりボディを変えようとすることをやめます。誰かがこれをナルシストだとか見せびらかしだと言うかもしれないけど、これがどれだけ勇気がいることか、僕が子供の頃に経験したような体型へのトラウマがわかるなら、そんなこと思わないはず。(カメラマンの)ライアン・プラファイト、僕の体型を称えてくれてありがとう。君のおかげで安心して撮影に臨めた。これからも鏡に映る自分と戦うことになるだろうけど、この撮影をした日は、僕が向かう正しい方向への第一歩となった」

 力強いメッセージを送ったサムは、太っていることで自己嫌悪に陥る自分の気持ちに打ち勝ち、これからはどんな体型でも自分に自信を持つことを宣言した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.