世界的人気デュオのザ・チェインスモーカーズが、マライア・キャリーと会った時のことについて語った。(フロントロウ編集部)

 2019年8月に日本で行なわれるサマーソニックでヘッドライナーを務めることが決まっているザ・チェインスモーカーズが、ラジオ番組『ザ・モーニング・マッシュ・アップ(The Morning Mash Up)』に出演。その時に、大御所シンガーであるマライア・キャリーにとんでもない間違いをされていたことを語った。

 ザ・チェインスモーカーズのアレックス・ポールは、マライアと会った時のことを覚えており、彼女から「あなたたちのことが大好きなのよ」と声をかけられたと語った。大御所シンガーから声をかけてもらったのが信じられなかったようで「ワオ、僕たちのことを知っているんですか?」と聞くととんでもない答えがマライアから返ってきた。

画像: ザ・チェインスモーカーズ、マライア・キャリーの痛恨ミスを語り場内大ウケ

 なんとマライアがザ・チェインスモーカーズのメンバーに返した言葉は「ワン・ダイレクションよね?」という言葉。マライアはザ・チェインスモーカーズのことをワン・ダイレクションのメンバーだと勘違いしていたよう。このことをラジオで話すと大ウケで、マライアの痛恨のミスをネタ化。

 しかしマライアも負けてはおらず、自分の痛恨のミスを話されている動画を発見すると、その動画と共に「ザ・チェインスモーカーズ、もちろんあなたたちを知っているわ!あなたたちの楽曲「ザッツ・ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」が大好きよ!」と、ワン・ダイレクションの大ヒット曲「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」を持ち出し、ユーモアたっぷりに返答。今回は曲名を間違えて答えており、さすがマライアな返答となった。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.