オスカーの通称で知られるアカデミー賞と宮崎県の関係とは?米時間2月24日にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される2019年授賞式でも宮崎が活躍する!(フロントロウ編集部)

 アカデミー賞に出席する映画スターたちが3~4時間もの授賞式のあとに楽しみにしているのが、アフターパーティーであるガバナーズ・ボール。このイベントで、例年セレブが、宮崎県が誇る宮崎牛を楽しみにしているのをご存じだろうか?

 アカデミー賞公式シェフのウルフギャング・パックは無類の和牛好きとして知られており、なかでも、アカデミー賞のアフターパーティーではたびたび宮崎牛を使用。25年もこのイベントを担当しているウルフギャングは毎年新しいメニューや食材を提供しているが、来場者に絶賛される人気メニューは繰り返すことも認めており、宮崎牛はその1つ。

 オスカー参加者の中には、アフターパーティーで食べられる宮崎牛を楽しみにしている人も少なくないほど宮崎牛が定番の食材となっているのだ。

 ウルフギャングは2019年のアフターパーティーでも約200キロの宮崎牛を入手しており、メニューには実に3つも宮崎牛を使った料理が並ぶ。今年は、ゆず胡椒ポンズたれを使ったステーキ、和牛バーガー、ビーフタルタルが用意されている。

 第91回アカデミー賞は日本時間2月25日午前8:30からWOWOWで生放送される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.