第91回アカデミー賞授賞式で主演女優賞を受賞した映画『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンが、受賞スピーチで2019年オスカーNo.1の爆笑をさらった。(フロントロウ編集部)

イギリスの名女優、オスカー初受賞

 アカデミー賞2019で映画『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンが、主演女優賞を受賞。45歳のオリヴィアはイギリスでは有名な演技派女優でありながら、オスカーにノミネートされるのは今回が初。

画像: イギリスの名女優、オスカー初受賞

 オリヴィアはアカデミー賞のノミネートが初めてだっただけでなく、主演女優賞は『天才作家の妻40年目の真実』のグレン・クローズが最有力と予想されていただけに、まさかの受賞と言える。ちなみにグレンは、受賞歴がない女優としては歴代最多のノミネート回数を誇っており、アカデミー賞2019年でもその“最高記録”を更新する結果となってしまった。

 そんななかでの受賞だっただけにオリヴィア本人もショックを受けたようで、2018年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドと助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルがオリヴィアの受賞を発表すると、オリヴィアは腰がくだけたかのようにその場に座ったまま絶句。『女王陛下のお気に入り』で共演したエマ・ストーンも大フィーバーして受賞を喜んだ

オリヴィアのスピーチをセレブが絶賛

画像: オリヴィアのスピーチをセレブが絶賛

 そんなオリヴィアはステージに上がると、アカデミー賞2019年でもっとも笑いを誘うスピーチを披露。オリヴィアのスピーチが終わった直後には、SNS上はオリヴィアの話題で持ち切りとなり、セレブ界でもオリヴィアのキャラにハマる人が続出した。

「オリヴィア・コールマンのスピーチのおかげでとてもハッピーな気分」
―ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル、マーサ・ハント

「オリヴィア・コールマンのスピーチが近いうちにSpotifyにあがることを願ってる」
ードラマ『Lの世界』のキャサリン・メーニッヒ

オリヴィアのスピーチ全訳

 セレブも絶賛したオリヴィアのアカデミー賞主演女優賞の受賞スピーチを全訳。

画像: Olivia Colman Accepts the Oscar for Lead Actress www.youtube.com

Olivia Colman Accepts the Oscar for Lead Actress

www.youtube.com

「(オスカーの受賞は)本気で精神的に疲れますね。オスカーを受賞したなんて…、ウケる!

たくさんの人に感謝を言わなくてはいけません。もし忘れた人がいたら、あとで見つけて特大チューをするので許してください。

まずは最高な作品の最高な監督であるヨルゴス(・ランティモス)。そして恋に落ちる相手として、一緒に仕事をする相手として素晴らしかったエマ(・ストーン)とレイチェル(・ワイズ)。皆さんも想像できるでしょう? 本当に楽ちんだった。

そして、こんなに偉大な女性たちと並んでこの部門にノミネートできたなんて。グレン・クローズ、ずっとあなたに憧れていました。この結果は私も望んでなかった。素晴らしいあなたが大好きです。

みんなのことが大好きです。

30年以上も前に私を受け入れてくれたエージェントのリンディ・キング、本当にありがとう!オリーヴとヒルディ、私が嫌だと言ったことをやらせたブレナ。あなたは正しかったわ。

お母さんとお父さん…(※涙をこらえながら)まあ、分かるでしょ。

家でテレビを見ている子供たち!見て!…あ、でももし見てなかったら、おつかれさまか。見ていることを願うわ。だって、二度は起きないことでしょうから!

あと、テレビを見ながらスピーチの練習をしている女の子へ。何が起こるか分からないわよ!清掃係として働いていた昔、仕事は大好きでしたが、よく受賞したふりをしてスピーチをしてたの…あ、巻きでお願いしますって!?オッケー。分かりました。(※ブーっと音を出す)

夫のエド。私の親友。あなたを本当に愛している。25年間も最大の支持者として支えてくれて…(夫を見ながら)彼ったら、泣きそうよ~。私は泣かない!

本当にありがとうございます。FOXや、キャストやクルーのみなさん、フランシス、サム、ありがとう。あーーー!本当にありがとうございます。

(※最前列にレディー・ガガを見つけて興奮したように投げキッスして)レディー・ガガ!ハァッ!

サンキュー!」

 ぜひ映像で見てもらいたいオリヴィアのアカデミー賞主演女優賞のスピーチ。英語が分からなくても、映像だけからでも人のよさがにじみ出る。オリヴィアのスピーチ映像は、放送した米ABCの公式YouTubeアカウントでは、すでに6万回以上も視聴されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.