ドラマ『glee/グリー』の主要キャストであるダレン・クリスと、フィフス・ハーモニーのローレン・ハウレギが映画『リトル・マーメイド』の楽曲で夢のコラボを見せた。(フロントロウ編集部)

 お互いシンガーとして活躍する、ドラマ『glee/グリー』のダレン・クリスとフィフス・ハーモニーのローレン・ハウレギといえば、あまり親交がないイメージだけれど、先日共通の友人のパーティーに参加した2人は、そこで夢のコラボを実現させた。

 ダレンがグランドピアノの前に座り、ローレンがボーカルを務め、王道のディズニー映画『リトル・マーメイド』の主題歌である「パート・オブ・ユア・ワールド」を披露。その様子をローレンのメイクアップアーティストが公開した。

 ピアノを弾いているダレンが時折ローレンの顔を見ながら楽しそうに演奏し、ローレンもそれに合わせ熱唱。ローレンの圧倒的な歌唱力とダレンが奏でるピアノが相まって、多くの人が聞き入った。

 まさに貴重なコラボとなったローレンとダレンのコラボは、2人ともとても楽しかったようで最後は笑顔で締めくくった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.