人気モデルのジジ・ハディッドがサイン会に登場した時のドレスについていた手作り感満載のバッジは、誰が作ったもの?(フロントロウ編集部)

 多くのファッションショーに登場して大忙しの日々を送っているジジ・ハディッドが、フランスで行なわれたプラダ(Prada)が主催するサイン会に出席。プラダの最新コレクションで発表されたばかりのベアトップドレスに身を包んで華麗に会場に登場。

画像1: ジジ・ハディッド、手作り感満載の「毛糸のワッペン」は実はあの人が作っていた

 美しいドレス姿のジジだったけれど、彼女の腰あたりには何やらドレスのアクセサリーとしては滅多に用いられない毛糸で編まれたワッペンが。そのワッペンは手作り感が満載で、ハート型で真ん中に「gigi」と名前が入っているこの世にたった1つしかないアイテム。

画像2: ジジ・ハディッド、手作り感満載の「毛糸のワッペン」は実はあの人が作っていた

 ドレスにはあまり似合わないワッペンだけれど、一体誰がこのワッペンをジジにプレゼントしたのか?

あのデザイナーがプレゼント

 ジジにこのワッペンをプレゼントしたのは、プラダやミュウミュウ(Miu Miu)を手掛けるミウッチャ・プラダ。ミウッチャはジジがサイン会に出席するにあたり、黒、ピンク、赤のワッペンを用意。

画像1: あのデザイナーがプレゼント

 ジジはこのプレゼントに大喜びで、「ありがとう、ミセスプラダ!愛されていると感じるわ」とプラダのインスタグラムを通してコメントしミウッチャに感謝の気持ちを伝えた。

 またジジは赤か黒のどちらのワッペンをイベントにつけて行ったらいいかをインスタグラムでファンに聞き、その結果を考慮して赤のワッペンを着用して登場。

画像2: あのデザイナーがプレゼント

 普段のアワードなどではなかなかお目にかかることがない手作り風ワッペンは、デザイナーの愛が詰め込まれたアイテムだった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.