マイリー・サイラスが公開した愛犬とのフルヌードに一部の人々が難色を示している。(フロントロウ編集部)

 先日フルヌードで「クィア」(※)であることを改めて宣言して話題となったシンガーのマイリー・サイラスが、同フォトシュートからの別カットを公開。

※「クィア(Queer)」。セクシュアルマイノリティ全般を表す言葉。

 愛犬を巧みに使って“大事なところ”を隠した1枚が、本人の意思とは反して、一部の人たちから反感を買っている。

 マイリーは、3月23日の米「ナショナル・パピーデー(子犬の日)」に合わせて、たくさん飼っている愛犬のうちの1匹であるピットブルとのツーショット写真をインスタグラムに投稿。

View this post on Instagram

Happy national puppy day you filthy animals

A post shared by Miley Cyrus (@mileycyrus) on

 全裸にイエローのバケットハット、グリーンのロングブーツという過激ないでたちで、サンチェアに寝そべり、片手でバストを隠したマイリーの股間に愛犬が覆いかぶさるような体勢でポーズしたこの写真。

 大の動物好きで、普段からヌードを披露することに何の抵抗も感じていない自由奔放なマイリーの性格から考えれば、ファンにとっては、まったく何の問題もなく、むしろクールに映る1枚なのだが、世間には、これが「不適切だ」、「犬が可哀想」、「変な想像を掻き立てる」と難色を示す人も。

 さらに、この写真に添えられたマイリーからのコメントが「ハッピー・ナショナル・パピーデー、スケベ野郎ども(スケベな動物さんたち)」という“マイリー節”が炸裂したメッセージだったことも、不支持派の嫌悪感を煽っている。

 ここのところ、いつにも増してSNS上での活動が活発になっているマイリー。世間の注目を集めるような過激な投稿を連発しているのは、新アルバムのリリースが間近に迫っているからなのではないかともウワサされている。(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.