ディズニー・チャンネルのドラマ『オースティン&アリー』のアリー役でおなじみの女優ローラ・マラノが、映画『シンデレラ・ストーリー』シリーズの新作でヒロインに大抜擢!そんなローラの恋のお相手となる“王子様役”は一体誰?(フロントロウ編集部)

ローラが『シンデレラ・ストーリー』最新作で主演

 ディズニー・チャンネルのドラマ『オースティン&アリー』のアリー役で知られるローラ・マラノ(23)が、映画『シンデレラ・ストーリー』シリーズの新作『シンデレラ・ストーリー:クリスマス・ウィッシュ(原題)』で、主人公の“キャット”ことキャサリン・デッカーを演じることが発表された。

画像1: ローラが『シンデレラ・ストーリー』最新作で主演

 今回でシリーズ5作目となる『シンデレラ・ストーリー』。過去には、ローラと同じくディズニー・チャンネル出身のヒラリー・ダフセレーナ・ゴメスソフィア・カーソン、ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のルーシー・ヘイルがヒロインを務めたことがある。

 ちなみに、キャットの恋のお相手で、じつはあるヒミツを抱える青年ニックことドミニク・ウィンターガーデンを演じるのは、Huluとマーベルがタッグを組んだ人気ドラマ『ランナウェイズ』でチェイスを演じる俳優のグレッグ・サルキン。

画像2: ローラが『シンデレラ・ストーリー』最新作で主演

 ローラ演じるキャットは、シンガーソングライターとして活躍することを夢見るも、現実はそう甘くなく、億万長者が経営するサンタランドで“歌うエルフ”として働くことに。そこで出会ったサンタクロースに扮する青年ニックにキャットは次第に惹かれていくが、継母や義理の姉妹たちから邪魔をされて…というストーリー。

 誰もが知るディズニー映画の『シンデレラ』と同じく、ツラい環境でもひた向きに頑張るヒロインの姿を描く。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.