イギリス王室のヘンリー王子と妻のメーガン妃(旧姓メーガン・マークル)が、ケンジントン宮殿からフロッグモア・コテージへと拠点を移すにあたって公式インスタグラムを開設した。(フロントロウ編集部)

ヘンリー王子&メーガン妃の公式インスタグラムが誕生

 イギリス王室のヘンリー王子と妻のメーガン妃が、2人の称号であるサセックス公爵とサセックス公爵夫人の連名で公式インスタグラムを開設。第1子の出産を間近に控えるヘンリー王子&メーガン妃は、これまで拠点としていたケンジントン宮殿からウィンザーにあるフロッグモア・コテージへの引っ越しを予定しており、今後はこの公式インスタグラムを通じて夫妻の近況を知ることができる。

 ユーザーネームは「sussexroyal(サセックス ロイヤル)」で、ユーザーネームとは別に表示される名前は「The Duke and Duchess of Sussex(ザ・デューク・アンド・ダッチェス・オブ・サセックス)」。

 記念すべき最初の投稿で、ヘンリー王子とメーガン妃はファンに宛ててこう綴っている。

 「私たちの公式インスタグラムにようこそ。今後、このインスタグラムを通じて私たちが意欲的に取り組んでいる仕事や、サポートしているチャリティ、大切なお知らせ、そして重要な問題に光を当てられることを、とても楽しみにしています。みなさまからの支援に感謝するとともに、みなさまをここに歓迎します。ハリー(ヘンリー王子の愛称)&メーガンより」

 プロフィール画像と最初の投稿の1枚目の画像に使われているマークは、ヘンリー王子とメーガン妃の「サイファ(Cypher)(※)」を合体させたもので、ヘンリー王子の「H(Harry)」とメーガン妃「M(Meghan)」が合わさったような形に。 
※王室のメンバー1人1人に与えられるロゴのようなもの。

画像: 左がヘンリー王子のサイファで、右がメーガン妃のサイファ。真ん中のサイファは、2人のサイファを合わせて作られたもので、公式インスタグラムのプロフィール画像や夫婦連名で送るお礼状のレターヘッドに使用されている。

左がヘンリー王子のサイファで、右がメーガン妃のサイファ。真ん中のサイファは、2人のサイファを合わせて作られたもので、公式インスタグラムのプロフィール画像や夫婦連名で送るお礼状のレターヘッドに使用されている。

 ちなみに、現時点でフォロワーはすでに約180万人に達しており、そのなかにはドラマ『ゴシップガール』の女優ブレイク・ライブリーや、ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズでおなじみの女優エマ・ロバーツの名前もある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.