海外セレブがこぞってハマっている瞑想。自分にフォーカスすることができて精神力を高めてくれると人気だけれど、なかでも夜寝る前に行なうと熟睡できてとっても快適。夜にベッドの中で試したい瞑想のアイデアを紹介。(フロントロウ編集部)
画像1: 睡眠不足は美容の敵!ストレスを手放して熟睡する方法2つ

 メーガン妃、人気モデルのケンダル・ジェンナーミランダ・カーをはじめ海外のセレブたちが取り入れている「瞑想」。瞑想は、行なう時間もやり方も人によってさまざまだけれど、ベッドの中で行なうのにぴったりの、ストレスを手放して熟睡につながる瞑想のアイデアがあるという。

画像2: 睡眠不足は美容の敵!ストレスを手放して熟睡する方法2つ

 睡眠は「ビューティスリープ」とも呼ばれていて、睡眠による美容効果はとても大きいからできれば毎日しっかりと熟睡したいもの。瞑想に慣れている人も、瞑想が上手にできない人も、やったことがない人も、米メディアPopsugarが紹介した熟睡につながる瞑想のアイデアを参考にしてみて。

アイデア1:言葉の瞑想

 言葉を思い描きながら瞑想するアイデア。

画像: アイデア1:言葉の瞑想

方法

・まず最初に、自分にとって意味のある2つの単語をチョイス。たとえば「感謝」、「愛」、「優しさ」、「平和」のような言葉を考える。

・次に目を閉じて、息を吸い込むようにしながら最初の言葉を頭の中で思い描く。続いて、息を吐くようにしながら2番目の言葉について頭の中で思い描く。

・言葉を頭に思い浮かべながら、ゆっくりと深い呼吸を続けていく。

画像1: 方法

 これは、思い描く言葉のイメージで、満ち足りた熟睡に導いてくれる瞑想のアイデア。寝る前に心配事が頭から離れずネガティブになりがちな人にもオススメ。

アイデア2:階段瞑想

 階段をのぼり降りするイメージをしながら瞑想するアイデア。

画像: アイデア2:階段瞑想

方法

・ベッドに入ったら目を閉じて、頭の中に階段をイメージ。階段のある場所は、森の中、海の近く、または雲の中など自分が心地良く感じるところに。

・階段を思い描いたら、深呼吸をしながら、ゆっくりとその階段をのぼっていくイメージをして、頭の中で「1…、2…、3…、4…、5…」とカウント。

・今度は、逆に「5…、4…、3…、2…、1…」とカウントしながら頭の中でゆっくりと階段を降りていく。

画像2: 方法

 階段をのぼり降りすることに頭が占有されて心が静まるため、寝る前にいろいろなことを考えがちな人にぴったりなアイデアなのだそう。

 自分に合う瞑想方法は人によってさまざまだけれど、気になった人は一度試してみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.