フィフス・ハーモニーのローレン・ハウレギとダイナ・ジェーンが、久しぶりに一緒に歌っているところが目撃された。(フロントロウ編集部)

久しぶりに「あの曲」でデュエット

 全米No.1ガールズグループであるフィフス・ハーモニーが2018年に活動休止を発表して以来、各メンバーでの交流はあるものの、それぞれソロとして活躍しているため、一緒に歌う機会はなかった。

 しかし、インドネシアのバリ島で夢のコラボが実現。フィフス・ハーモニーのローレン・ハウレギダイナ・ジェーンは、バリ島のバーを訪問したその際、フィフス・ハーモニー最大のヒット曲とも言える「ワーク・フロム・ホーム」をバックバンドが奏でる音楽に合わせて披露。

 ローレンとダイナは、久しぶりのデュエットということで、2人ともかなり楽しそうに熱唱して、それぞれパワーアップした歌声を聞かせた。

 以前2人が一緒に目撃された際には、ダイナが出演するイベントにローレンが参加するという形で再会を果たしたけれど、今回は久しぶりに2人が同じ舞台でパフォーマンスするというファンにとって嬉しい姿が見られた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.