これまでのマーベル映画ほか、歴代のMCU作品すべてにカメオ出演してきたマーベル生みの親スタン・リー。4月26日公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が最後のカメオ出演になるという。(フロントロウ編集部)

スタン・リー「最後のカメオ出演」

 4月26日公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で監督を務めたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ兄弟が、米ComicBook.comのインタビューで、2018年11月に95歳で亡くなったアメコミ界の重鎮スタン・リーのカメオ出演について明かした。

 MCU映画ではすべての作品にカメオ出演し、死後に公開されたMCU21作目となる映画『キャプテン・マーベル』にもカメオ出演しているスタン。

 そんな彼の軌跡は、MCU22作目となる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも見られるのか。

画像: スタン・リー「最後のカメオ出演」

 ルッソ兄弟はその質問に、「この映画のためのカメオ出演が彼の最後だった」と回答。

 『アベンジャーズ』シリーズ最終章となる同作がスタンの最後のカメオ出演だったことを明かすと、ジョー監督は「スタンがセットに来て、彼の声を聞くと、条件反射的に子供に戻るんだ。キャストも制作陣も全員がそうなる。映画スターたちが毎日撮影現場にいるけど、スタンが撮影現場にやってくれば、みんなが子供に戻るんだ」と、スタンの持つ多大な影響力について振り返った。

 スタンの生前最後のカメオ出演が見られる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、大ヒット公開中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.