グラミー賞受賞シンガーのアデルが、夫のサイモン・コネッキとの結婚生活に終止符を打ったことを発表した。(フロントロウ編集部)

7年間の関係に終止符

 大ヒット曲「ハロー」で知られるシンガーのアデル(30)が、夫サイモン・コネッキ(45)と破局したことを発表した。

 別々の道を歩むことを報告したアデルとコネッキは、交際期間を含めて7年間も人生を共にし、2人の間には6歳の息子アンジェロ君がいる。

 アデルの広報担当が発表した声明文では、「アデルと彼女のパートナーは破局しました」「彼らは一緒に愛を込めて息子を育てていきます。いつも通り彼らはプライバシーを尊重してもらうことを望んでいます。これ以上のコメントは控えさせていただきます」と綴られている。

画像: 7年間の関係に終止符

 アデルとサイモンは、2012年1月に交際していることをオープンにし、6ヵ月後に第1子を妊娠していることを発表、10月にアンジェロ君を出産した。

 その後、約5年間の交際の末に2017年3月にアデルがサイモンと結婚したことを認めた。

 しかし今年に入り、その関係に黄色信号が点滅しはじめ、破局を発表する2ヵ月前の2019年2月にはアデルがロサンゼルスの自宅をサイモンに譲ったことで、この頃から一部で破局のウワサが広まっていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.