4月26日(金)公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のプレミアイベントが米ロサンゼルスで開催され、豪華キャストが大集結。そのなかでもひときわ目立っていたのは、「インフィニティ・ストーン」を身に着けた“あの2人”!(フロントロウ編集部)

ジュエリーで「アベンジャーズ」への熱い思いを表現

 つい先ほど、アメリカ・ロサンゼルスで4月26日(金)公開のマーベルMCU映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のワールドプレミアが開催され、アイアンマン役の俳優ロバート・ダウニー・Jrや、キャプテン・アメリカ役の俳優クリス・エヴァンスをはじめとする豪華キャストが大集結した。

画像: ロバート・ダウニー・Jrと妻のスーザン・ダウニー。ロバートの背後にいるのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでおなじみのロケットの声を担当する俳優のブラッドリー・クーパー。

ロバート・ダウニー・Jrと妻のスーザン・ダウニー。ロバートの背後にいるのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでおなじみのロケットの声を担当する俳優のブラッドリー・クーパー。

画像: ファンが持ち込んだ“インフィニティ・ガントレット”にサインをするクリス・エヴァンス。

ファンが持ち込んだ“インフィニティ・ガントレット”にサインをするクリス・エヴァンス。

 熱気にあふれた会場でひときわ目立っていたのは、キャプテン・マーベル役の女優ブリー・ラーソンとブラック・ウィドウ役の女優スカーレット・ヨハンソンの2人。

画像: MCU史上初となる女性ヒーロー単独の映画『キャプテン・マーベル』で、主人公のキャロル・ダンバースことキャプテン・マーベルを演じたブリー・ラーソン。

MCU史上初となる女性ヒーロー単独の映画『キャプテン・マーベル』で、主人公のキャロル・ダンバースことキャプテン・マーベルを演じたブリー・ラーソン。

画像: 自身が演じるブラック・ウィドウが主人公の単独映画『ブラック・ウィドウ/Black Widow』が制作されることが決まっている、スカーレット・ヨハンソン。

自身が演じるブラック・ウィドウが主人公の単独映画『ブラック・ウィドウ/Black Widow』が制作されることが決まっている、スカーレット・ヨハンソン。

 息をのむほど美しいドレス姿もさることながら、ファンの視線を最も釘付けにしたのは、ブリーとスカーレットが左手につけていたインフィニティ・ストーンをあしらったジュエリー。

画像: 左がスカーレットがつけていたリング&ブレスレットで、右がブリーがつけていたリング&ブレスレット。

左がスカーレットがつけていたリング&ブレスレットで、右がブリーがつけていたリング&ブレスレット。

 インフィニティ・ストーンとは、それぞれ異なるパワーを秘めたスペース・ストーン(ブルー)、リアリティ・ストーン(レッド)、パワー・ストーン(パープル)、マインド・ストーン(イエロー)、タイム・ストーン(グリーン)、ソウル・ストーン(オレンジ)の6つの結晶のことで、これらを意のままに操れるのは“並外れた力を持つ者のみ”と言われている。そして、このインフィニティ・ストーンをすべて集めて宇宙を支配しようと目論むのが、アベンジャーズ最大の敵サノス。

 公開まであと3日に迫った映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。シリーズ集大成となる本作で、そのサノスに挑むことになるブリーとスカーレットがインフィニティ・ストーンを身に着けていたことに、ファンからは感動の声が上がっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.