先日コーチェラ・フェスティバルまでを追ったドキュメンタリー『HOMECOMING ビヨンセ・ライブ作品』を公開したビヨンセが、ネットフリックスと超高額で契約していたことがわかった。(フロントロウ編集部)

ビヨンセの契約金が破格

 ドキュメンタリーが公開されるやいなや、一気に世界中で話題になった2018年にビヨンセがコーチェラ・フェスティバルに出演するまでを追ったドキュメンタリー『HOMECOMING ビヨンセ・ライブ作品(Homecoming: A Film by Beyoncé)』。このドキュメンタリーは、2018年にコーチェラ・フェスティバルにヘッドライナーとして登場するまでの道のりが描かれているもので、めったに見ることが出来ないプライベートなレア映像も公開され、ファンならずとも多くの人がビヨンセの凄まじい努力やステージに対する熱量に感化された。

 しかしビヨンセとネットフリックスとの間には、まだ新しいプロジェクトが2つ残っていると米Varietyが報じた。その契約金は超高額で、1本につき約22億円(2,000万ドル)。そしてあと2本新しいプロジェクトが残っているということは、ビヨンセは、計3本で66億円(6,000万ドル)でネットフリックスと契約したということになる。

 ビヨンセの最初のドキュメンタリー『ライフ・イズ・バット・ア・ドリーム(Life IsBut a Dream)』をリリースしたHBOとも契約の話をしていたものの、より好条件だったネットフリックスに決めたという話も米Vultureが明かしている。

 ビヨンセ側もネットフリックス側もこの件については口を開いていないけれど、このウワサが本当であれば、あと2本ビヨンセの‘秘密のプロジェクト’がネットフリックスから公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.