Photo:スプラッシュ/アフロ,ゲッティイメージズ,ニュースコム,Twitter
ザック・エフロンがTVドラマ版『ハイスクール・ミュージカル』へのカメオ出演の可能性に言及した。(フロントロウ編集部)

 2006年に公開されたディズニーチャンネルの大ヒットテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』 に出演し、主人公のトロイを演じて全米のみならず世界中のティーンの心を鷲掴みにしたザック・エフロン

 シリーズ完結作となった映画『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の公開から10年の時を経て、今年、テレビドラマ版の“新生『ハイスクール・ミューカル』”が誕生することが発表され、ファンたちの期待を一身に集めているが、オリジナル版のキャストであるザックが、同作へのカメオ出演の可能性について意欲的なコメントをした。

画像1: ザック・エフロン、新生『ハイスクール・ミュージカル』への出演に100%前向き

 現在、最新主演作『エクストリームリー・ウィキッド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル(Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile)』のプロモーション活動の真っ最中のザックは、米Extraとのインタビューで「新生『ハイスクール・ミュージカル』へのカメオ出演を依頼されたらどうする? 」たずねられ、間髪入れずに「イエス、もちろん出演したいよ! 100%やる気がある。やらない理由が見つからないもん 」と目を輝かせて回答。変わらぬ“ハイスクール・ミュージカル愛”を覗かせた。

 しかし、ザックは、続けて、「ごめん、じつは、テレビドラマ版の制作が進んでいることを知らなかった…」とコメント。どうやら、驚くことに、世間を騒がせている新生『ハイスクール・ミュージカル』の話はザックの耳には届いていたかったようだが、「それは素晴らしいことだよね。あの作品に込められたメッセージは現代にも通じるものがある」と語っていた。

画像2: ザック・エフロン、新生『ハイスクール・ミュージカル』への出演に100%前向き

 オリジナルキャストのTVドラマ版へのカメオ出演については、ヒロイン、ガブリエラを演じた女優のヴァネッサ・ハジェンズ「私もう28歳(インタヴュー当時の年齢)だし、教師役ならいけるかもしれないけど、教師役はやりたくないかな! だって私心まだティーンエージャーだから。だから出演はしないと思う」と米E!ニュースにコメントしているほか、シャーペイ役のアシュレイ・ティスデイルも、「私は(昔と比べて)だいぶ成熟したし、もうシャーペイ役をやる自信は無いかな…」と控えめに語っており、可能性としてはなかなか渋め…。

画像: 左:ヴァネッサ・ハジェンズ、右:アシュレイ・ティスデイル

左:ヴァネッサ・ハジェンズ、右:アシュレイ・ティスデイル

 しかし、これまで同作の記念特番などにも参加してこなかったザックがカメオ出演に前向きとなると、ほかの出演者たちも考え直して、興味を示すかもしれない。

 『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル(High School Musical: The Musical)』と名づけられたテレビドラマ版は、オリジナル作品の要素や曲を残しつつ、異なるストーリーや新しい曲とともに10個のエピソードで構成される。

 主人公には、新人俳優のジョシュア・バセット(写真右から5番目)ほか、ディズニー・チャンネルの『アンディ・マック』に出演するソフィア・ワイリー(写真左から2番目)などがキャスティングされている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.