イギリス王室のヘンリー王子が、英現地時間5月6日早朝の5時26分に誕生したメーガン妃との第1子となるロイヤルベビーの誕生を受け、喜びの会見を行なった。(フロントロウ編集部)

 ヘンリー王子が王位継承委第7位となる男の子の誕生と、妻のメーガン妃出産が無事に終了したことを告げるため、ウィンザー城前で集まった報道陣を前に会見を行なった。

 喜びを抑えきれない様子で「メーガンと私が男の子の赤ちゃんを授かったことを皆さんにお知らせできることにとても興奮しています」と話し始めたヘンリー王子は、メーガン妃と息子であるロイヤルベビーが母子共に健康であることを報告。

 つづけて、出産に立ち会った経験について「予想し得た以上に人生最高の体験でした」とはじけるような笑顔を見せながら語った。

 出産という大仕事に臨んだメーガン妃について、「妻のことを、信じられないくらい誇りに思っています」、「女性たちが成し得ることは理解の範囲を超えるほど素晴らしいものです」と労いと称賛の言葉を述べたヘンリー王子。

 ベビーが誕生した感想については、「どんな父親も両親たちも同様だと思いますが、我が子というものは本当に素晴らしいものです。この小さな命は、自分の命さえもいとわないと思わせる存在です。本当に心から大きな喜びを感じています」とコメントした。

画像: ヘンリー王子、父になった喜びを爆発させる「人生最高の体験」

 ロイヤルベビーの名前については、「予定日を過ぎての出産となったため、考える時間はたっぷりありましたが」としながらも、まだ“考え中”だとコメント。2~3日中にもベビーの姿をお披露目したいと語った。

 ロイヤルベビー誕生直後のイギリス王室からの公式発表では、数週間前に現地入りしていたメーガン妃の母ドーリア・ラグランドも、ヘンリー王子とメーガン妃の自宅であるフロッグモア・コテージでメーガン妃とベビーに付き添っているとの報告があり、そのため、メーガン妃は、以前から希望していた通り、自宅出産を行なったものとみられている。詳しい情報については、追って発表が行なわれる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.