ラッパーのカーディ・B(Cardi B)がファッションの祭典メットガラ(Met Gala)でつけていた「乳首カバー」の正体と、その値段がえげつない…。(フロントロウ編集部)

「デコ乳首」の正体は本物のルビー

 現地時間5月6日、米ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されたファッションの祭典メットガラ(Met Gala)で、ラッパーのカーディ・Bが着用したドレスの胸元に光り輝いていた「乳首カバー」の“正体”が話題になっている。

画像: ドレスをデザインしたのはトム・ブラウン(Thom Browne)。

ドレスをデザインしたのはトム・ブラウン(Thom Browne)。

 胸や女性器、お尻を強調したデザインのドレスで、会場にいた人たちの視線を釘付けにしたカーディ。じつは、この時最も注目を集めた「乳首カバー」の正体が、正真正銘、本物のルビーであったことが明らかに。

 そのお値段、約5,500万円($500,000)

画像: 「デコ乳首」の正体は本物のルビー

 米Vogueのインタビューで、乳首につけていた物体の驚愕の正体を明かしたカーディは、「もし片方でもなくしたら、(エルメスの)バーキンを何個か売らなくちゃいけなくなるわね」と、本気とも取れる冗談を口にした。

 元ストリッパーという異色の経歴の持ち主であり、2019年のグラミー賞で女性アーティストとして史上初めて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したカーディは、今最もノリにノッているセレブの1人。過激な言動や奇抜なファッションで世間を騒がせることも多く、今回のメットガラでも熱い視線を注がれていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.