シンガーのケイティ・ペリーが、先日開催されたメットガラで着用したドレスの「驚きの重さ」を明かした。(フロントロウ編集部)

 「キャンプ:ファッションについてのノート(Camp:Notes on Fashion)」というテーマに沿って、華やかに着飾ったセレブが続々と姿を現した今年度のメットガラ。世界中が注目するなか、シンガーのケイティ・ペリーは、「シャンデリア・ドレス」でイベントに参加し、見る人を驚かせた。

画像1: ケイティ・ペリーの「シャンデリア・ドレス」は、重さも規格外だった【メットガラ2019】

 そんなケイティはイベントの2日後、米テレビ番組Good Morning Americaに出演し、メットガラについてこうコメント。

「花嫁学校に通ったわけじゃないけれど、真っ直ぐに歩かないといけなかった。メットガラに出席した友達みんなに挨拶したかったのよ。でも、遠くから誰かが私を見つけてくれたとしても、私はよろめきながら進むだけ。どこかのタイミングで、ぶっ倒れるんじゃないかと思って、ずっと緊張してたわ」

 多くの人の度肝を抜いた「シャンデリア・ドレス」は、歩くだけでも一苦労だったと明かしたケイティ。彼女は、さらにその驚きの「重さ」を告白した。

18キロ(40ポンド)よ」

 頭上と腰回り360度にシャンデリアが飾られていたこの衣装の重さは、なんと約20キロ。

画像2: ケイティ・ペリーの「シャンデリア・ドレス」は、重さも規格外だった【メットガラ2019】

 想像するだけでも重そうなこのドレスを実際に身につけて、長いレッドカーペットで笑顔を振りまいたケイティのプロ根性に拍手。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.