ヒルトン家の令嬢パリス・ヒルトンが新曲をリリース。リアリティスターのキム・カーダシアンの「お尻」について歌っている。(フロントロウ編集部)
画像: パリス・ヒルトンの新曲は、キム・カーダシアンの「お尻」について歌った曲

 老舗ホテルのヒルトン・ホテル創設者の孫娘として知られ、現在DJや実業家として活躍するパリス・ヒルトン。歌手としてこれまで数曲をリリースしているパリスが、先日新曲を発表した。

 パリスが今回リリースしたのは、DJディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクにフィーチャーされた楽曲「Best Friend’s Ass(親友のお尻)」。この曲で特徴的なのは「くそ男がたくさん言い寄ってくるけど、親友のお尻から目が離せないの」というサビ。彼女が歌う「親友のお尻」というのは、なんとキム・カーダシアンのこと。じつはパリスとキムはこの曲でコラボしている。

MVにもキム・カーダシアンが登場

 かつてはパリスのリアリティ番組『シンプル・ライフ』に買い物係として出演していたキム。パリスの“わき役”という立場だったキムだけれど、自身のセックステープの流出をきっかけに一気に知名度を上げ、パリスとの立場を逆転させたことで、仲が険悪になってしまった。

画像: 2006年当時

2006年当時

 しかし、ここ数年で2人は一緒にいる様子が何度かキャッチされ、彼女たちの友情はすっかり元通りになったのではないかとウワサされていた。そんななかで発表された今回のコラボ。

 この曲でパリスがキムについて歌っているだけでなく、公開されたミュージックビデオにはなんとキムも共演している。

 ちなみにビデオ公開日はいまのところ未定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.