映画『アラジン』でジーニーを演じるほどの明るいキャラクターが印象的なウィル・スミスだけれど、家族の前では違う一面もあるよう。(フロントロウ編集部)

 ディズニー映画『アラジン』でジーニーを演じ、その明るいキャラクターで大人気の俳優ウィル・スミスは、家族仲が良いことでも有名。前妻シェリー・ザンピノとの間に息子トレイが、そして現在の妻ジェイダ・ピンケット・スミスとの間に息子ジェイデンと、娘ウィローがいる。

画像: ウィル・スミス、息子の「父さんってわけじゃない」という言葉に隠された『意味』に涙

 家族の絆を大切にしているウィルは、父親としてそれぞれの子供たちと2人きりの「パパタイム」を作ることにしているそう。そのなかで、機械好きなトレイとウィルは2018年の冬に開催された自動車レースのF1を観戦しに出かけたという。

 そこでトレイがウィルにかけた言葉を、いつもは明るいウィルが真剣な表情でインスタグラムに告白。2人の温かい愛に溢れる写真で始まった動画に、涙を流す人が続出している。

「息子のトレイが、突然気づいたように話し始めたんだ。『なんかさ、父さんって、ただ俺の父さんってわけじゃないよね』。そこでトレイは一旦考えこんで、こう言ったんだ。『今確信したけど、父さんって俺の親友だわ』」

 そこまで話したウィルは、感動のあまり言葉に詰まってしまった。そして、「そうだな…。うん。きっと、そうだな…」とだけ答えたことを明かした。

 また、ウィルは動画のコメントでトレイとの過去を告白。「トレイの母親と離婚してから、トレイと僕は長いこと上手くいかなかった。トレイは裏切られ、捨てられたと感じていたと思う」と、問題なく仲が良いように思われていたスミス家の隠された困難を明かした。

 じつはトレイも、この前日に自身の過去の悩み綴った投稿を6枚にわたって公開。両親が離婚した時の苦しさや、当時は気づかなかった自分の周りに溢れる“愛”について語り、「『家族』に感謝してる」と明かしていた。

 そんなウィルの感動的な投稿のコメント欄は、2人の関係を祝福する多くのメッセージで埋め尽くされた。さらに、ウィルの前妻でトレイの母シェリーも、「これは私にとってすべてだわ」と感激で胸がいっぱいの様子。

 トレイはその後も、たびたび父ウィルとの写真を自身のインスタグラムに公開している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.