ラッパーのカーディ・Bが、街で自分のことを見つけた際に「〇〇しないで」とインスタグラムを通じてファンにお願い。(フロントロウ編集部)

カーディに会った時の“挨拶の仕方”を自ら伝授

 2019年のグラミー賞で女性アーティストとして史上初めて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したラッパーのカーディ・Bが、もし自分のことを街で見かけても「名前を叫ばないでほしい」と、インスタグラムにアップした動画を通じてファンにお願いした。

 「どこかで私と遭遇するであろう人たちへ。私、しょっちゅう外出してるから。もし私のことを見かけても、お願いだから私の名前を叫ぶのはやめてくれる?『カーディーーーー!!!!!』って大声で。私のところに来て『ハーイ』って挨拶してちょうだい。(外出する時は)なるべく目立ちたくないの。ターゲットでパンティを買おうとしてるのに、名前を叫ばれたら店中の人に居場所がバレちゃう。私も『ハーイ』って挨拶するし、ハグだって何だってしてあげる。ただ、私の名前を叫ぶのだけはやめて」

 米大手量販店「ターゲット(Target)」のように、一般人が多くいる場所で“ひっそり”と下着を買おうとしているところに大声で名前を叫ばれると、ゆっくり買い物をすることができないとクレーム。

 カーディの不満はとどまることを知らず、さらに「『ここで何してるの?』みたいな、バカみたいな質問もしないでちょうだい!」と言うと、「『何してるの?』ってアンタと同じことよ、ビッチ。盗みをはたらいてるの。ノー、冗談よ」と強烈なジョークを交えて、興奮のあまり暴走する一部のファンを注意した。

画像: カーディに会った時の“挨拶の仕方”を自ら伝授

 ちなみに、カーディはこの約1週間前にも、「私の妹について話すのをやめてほしい」とファンに別のお願いをしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.