シンガーのジャスティン・ビーバーが、妻でモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)とのデートの帰りに「神対応」を2連発!プライベートで見せた"良い人すぎる姿"が絶賛されまくっている。(フロントロウ編集部)

わざわざ車から降りてファンサ&人助け

 シンガーのジャスティン・ビーバーが、先日、妻でモデルのヘイリー・ビーバーと米ロサンゼルス市内にあるフローズンヨーグルト(通称フロヨ)のお店でデートした帰りに取った「行動」に称賛の声が集まっている。

画像: わざわざ車から降りてファンサ&人助け

 この日、一般客に混ざってヘイリーと店内でフロヨを堪能したジャスティンは、食べ終わると寄り道することなく路上に駐車した愛車の方へ。そのまま車に乗り込み、帰る素振りを見せたものの、“生ジャスティン”に熱い視線を注ぐ小さな子供とその母親の存在に気づくと、車から降り、自分のほうから親子に近づいてファンサービス。軽く談笑したあと、「貸して」と手を出して母親のスマホを取り、記念撮影を行う神対応っぷりを見せた。

 しかし、ファンだけでなく基本的に誰に対しても優しい好青年で知られるジャスティンがその本領を発揮したのは、この後。

 親子と別れ、再び車に戻ったジャスティン。今度こそ帰路につくのかと思いきや、運転席のところで何やらゴソゴソしたあと、駆け足で路上にいたホームレスの男性のもとへ向かい、お金を渡して去っていった。

 その一部始終を映した映像がコチラ。

 ジャスティンがホームレスの男性に一体いくら手渡したのかはわからないが、プライベートでしかもデート中にもかかわらず、ファンサービスを怠ることなく、さらにホームレスの男性に救いの手を差し伸べる良い人っぷりを見せ、絶賛されまくっている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.