アリアナ・グランデの元婚約者でコメディ俳優のピート・デヴィッドソンが、アメリカ・ニューヨークで行なわれたアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のコレクションでランウェイデビューを果たした。(フロントロウ編集部)

ピートが人気モデルと共にウォーキング

 ニューヨークのロックフェラー・センターで行なわれたアレキサンダー・ワン(AlexanderWang)のコレクションは、アレキサンダー・ワンらしいスポーティーなデザインのアイテムから、90年代を彷彿とさせるブルーウォッシュのデニム、そしてアメリカの国旗を模したアイテムまでがランウェイに登場。

画像1: ピートが人気モデルと共にウォーキング

 起用されたモデルたちも豪華で、久しぶりにランウェイを歩いたケンダル・ジェンナーや、人気絶頂のカイア・ガーバーなど、今を輝くモデルたちが出演した。

画像2: ピートが人気モデルと共にウォーキング

 その中でも注目したいのが、メンズモデル。アレキサンダー・ワンは、ウィメンズとメンズを統合してコレクションを発表しており、今回のファッションショーでは、アリアナ・グランデの元婚約者であるコメディ俳優のピート・デヴィッドソンをランウェイモデルに起用。

画像3: ピートが人気モデルと共にウォーキング

 タンクトップに左右で素材が違うパンツ、そしてブランドロゴが入ったベルトをつけて、人気モデルたちと肩を並べランウェイデビューを飾ったピート。

 じつはアレキサンダーは、ピートと以前から親交があったようで、「ピートとはずっと仕事がしたかったんだ」と米The Cutにコメント。コレクションの直前に「ピート、ランウェイを歩きたい?」と聞いたところ、「うん、もちろん」と返事がきて、いとも簡単にピートのランウェイデビューが実現したこと明かした。

 一部からはピートのウォーキングがだらしないなど、批判があったものの、ピートは初めてのファッションショーを無事に終わらせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.