Photo:ゲッティーイメージズ,スプラッシュ/アフロ,ニュースコム
女優のジェニファー・ローレンスが映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』のロサンゼルス・プレミアに登場。幸せいっぱいな様子で挙式間近と言われる婚約者について語った。(フロントロウ編集部)

レッドカーペットでおノロケ全開

 日本でも6月21日から公開がスタートする『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス』にミスティーク役で出演している女優のジェニファー・ローレンスが同作のロサンゼルスプレミアに参加。

 胸元が深く開いたDior(ディオール)のブラックのドレスでレッドカーペットに登場したジェニファーの左手薬指には、挙式間近とウワサされる婚約者でアートギャラリーのディレクターを務めるクック・マロニーから贈られた推定2200万円といわれるダイヤの指輪が輝いていた。

画像1: レッドカーペットでおノロケ全開
画像2: レッドカーペットでおノロケ全開
画像3: レッドカーペットでおノロケ全開

 2018年6月に熱愛がスクープされたクックとは交際期間が1年に満たないスピード婚約となったジェニファー。

 何でもハッキリと発言するお茶目さで「愛されオスカー女優」の異名をとる彼女は、プライベートについてとくに隠しごとをするタイプではないが、これまでクックとの関係について公の場で語ったことは無かった。

 今回のプレミアでは、そんな彼女が、もうゴールイン目前というタイミングもあってか、クックとの結婚について、おノロケを爆発させる場面があった。

画像: ジェニファーと婚約者のクック。

ジェニファーと婚約者のクック。

 米Entertainment Tonightにクックと結婚を決めた理由について直撃されたジェニファーは、“彼こそが運命の人だ”と感じた理由についてこう説明。

「ただ単に、彼は私がこれまでの人生で出会った中で最高の人だったの。彼との結婚を決めるのは、すごく、すごく簡単だったわ」

 クックを“人生最高の男性”と呼び、絶賛したジェニファー。ジェニファーとクックはすでに結婚式前に行なうブライダル・シャワーも終えており、挙式の報告が舞い込むのも時間の問題だと言われている。


元彼と和気あいあい

 じつは、このプレミアには、彼女の元恋人で『X-MEN』シリーズの共演者のニコラス・ホルトも出席。

画像: 元彼と和気あいあい

 『X-MEN』第1作目の撮影がきっかけで恋愛関係に発展し、破局・復縁をを経て通算5年間にわたって交際したジェニファーとニコラスは、2014年に関係に終止符を打ってからも、仕事仲間として、そして友人として良好な関係を築いていることで知られている。

 ニコラスが、もうすぐ結婚する元カノであるジェニファーの“おノロケ”をどんな気持ちで聞いていたのかと考えると少々複雑だが、2人の間には、微妙な空気はまったく流れていなかったよう。

 舞台裏では、ジェニファーとニコラスが何やら爆笑しながら盛り上がる姿が目撃された。

画像: 『X-MEN:ダーク・フェニックス』のキャストたちとの集合写真。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』のキャストたちとの集合写真。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.