おむつメーカーのパンパースとシンガーのジョン・レジェンドが協力して、父親による子供のおむつ替えを支援するキャンペーンを開始した。(フロントロウ編集部)

 グラミー賞歌手のジョン・レジェンドは、妻でモデルのクリッシー・テイゲンとの間に2人の子供を持つ子煩悩なパパとしても有名。

 子供たちのおむつ替えも積極的に行なってきたというジョンは、「僕は世の中の父親たちがおむつを替えることを応援しているんだ。それが(妻と)一緒に子供を育てるということだからね」と、米Peopleに語る。

画像: 「父親もおむつ替えをするべき」パンパースが米歌手と5000台のおむつ交換台を男子トイレに設置

 そんなジョンに熱烈なラブコールを送ったのが、アメリカの世界的おむつメーカーであるパンパース。パンパースは父親の育児参加を支援するうえで、設備が整っていないことを問題視。そんな状況を変えるため、ジョンと協力して、2021年までにアメリカとカナダで5,000台のおむつ交換台を男性用トイレに設置するLove the Changeキャンペーンを開始した。

 5,000台のおむつ交換台のうち、500台の設置場所がすでに決まっているとのこと。また、パンパースは、パパと子供の写真や動画に# LoveTheChangeというハッシュタグをつけてSNSに投稿し、世の中の父親を応援しようとも話した。

 アメリカでは、男性用トイレにおむつの交換台がないことが、たびたび問題になっている。2015年には俳優のアシュトン・カッチャーが、米スーパーのコストコとターゲットに向けて男性用トイレにもおむつ交換台をつけてほしいと嘆願する署名活動を開始。10万人以上が賛同した。

 ちなみに、ジョンとパンパースは今年2019年2月に、アメリカで約1億人が見ると言われるアメリカン・フットボールの試合スーパー・ボウル中のCMで、共演したことも。ジョンはパンパースとのコラボについて、「これは、“親業”とはなにか、家事はパートナー同士で平等にシェアされるべき、と気づくためのムーブメントの一部なんだよ」と語った。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.