現地時間6月23日に行なわれているBET Awardに、ラッパーのカーディ・Bが、夫のオフセットとともに登場。かっこよすぎるセクシーパフォーマンスを見せつけた。(フロントロウ編集部)

 エンターテイメントの分野で活躍するアフリカ系アメリカ人とその他のマイノリティを対象としたBETアワードのオープニングアクトに、ラッパーのカーディ・Bが、夫のオフセットとともに登場した。

画像: カーディB、7000人の前で夫オフセットの上にまたがり腰ゆらす【BETアワード】

 じつはカーディ、前日にリハーサルで膝に軽いケガをしたことを自身のツイッターで明かしており、「ショーでオープニングアクトを務めるけど、不安で死にそう。私のために祈っててね、みんな」と、珍しく弱気な発言をしていた。

 しかし、これまでも多くのセクシーシーンを一緒に見せつけてきた夫のオフセットが同じ舞台にいることでパワーがみなぎったのか、約7,000人の観客の前で堂々と濃厚パフォーマンスを披露した。

 イスに座る夫オフセットの上にまたがるカーディは、シースルーのコルセットに身を包み、そのダイナミックボディをくねらせながらオフセットを誘惑。

 さらには多くのバックダンサーも引き連れて、セクシーといえど完成度の高いパフォーマンスで観客を魅了し、ファンからは大きな歓声が挙がった。

 そんなベット・アワード2019でカーディは、アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.