映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でトニー・スタークの娘を演じた子役レクシー・レイブがインスタグラムで「告白」したことに、ファンから悲痛の声が上がっている。(フロントロウ編集部)

7歳の少女が「いじめ」を告白

 全世界で大ヒットを記録した映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)とペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)の娘モーガン・スタークを演じたレクシー・レイブ(7)が、家族とマネージャーが運営する公式インスタグラムにアップされた動画で「いじめ」の被害にあっていることを明かした。

 しかも、レクシーをいじめているのは学校の友達といった身近な存在ではなく世間

この投稿をInstagramで見る

I hate that we even have to post this. But yet again Lexi’s getting bullied. And this kind of thing makes it celebrities never want to leave the house never want to meet people. Please keep your opinions to yourself so Lexi can grow up in the free world. She’s a normal human being and she’s a child. We give her a talking and we give her timeouts but we don’t do that in public. Sometimes were rushing from place to place stressed like everyone else to get to set on time or work or whatever and we seem a little grumpy. I’m sorry if you see us this way but that’s life! If you ask us for an autograph we always almost say yes. If we happen to be having a bad day that might put us right on the right! We are not perfect! These perfect children are not being given the freedoms and the rights that they should. If your child is so scared to be themselves in public and mess up a little then you’re over parenting. We give our children plenty of rules and boundaries But then give them the freedoms to mess up and learn from their own mistakes. They would not be on set an on movies if they weren’t well behaved. Trust me they have no desire to hire kids like that! And there were plenty of children that productions can work with. So if you see us in public and think you have the right to judge. Wait. Number one until you have children of your own, and Number two realize that we’re not perfect and we’re not claiming to be! But just try to realize the different strokes for different folks what you do with your kids may work for you and what I do with my kids works well for me. My children love me and respect me even if they act out sometimes. Thank you! Jessica!

Lexi Rabeさん(@lexi_rabe)がシェアした投稿 -

 レクシーは動画のなかでこう語っている。

 「こんにちは。私はレクシー。7歳です。たまに失敗することもあるし、パパとママにもよく叱られる。だからもしどこかで私がバカみたいなことをしたり、失敗したりするのを見かけても、『まだ7歳だからしょうがない』って思ってほしいの。お願いだから私の家族や私をいじめないで」

 具体的な出来事については言及しなかったものの、レキシーと彼女の家族が特定の人たちからの心無い言葉によって傷ついていることが明らかに。

 彼女の家族が書いたと思われる長文コメントには、「忙しさとストレスで不機嫌な時もあるかもしれません。そのような姿をお見せしてしまい申し訳ありませんが、それが人生なのです」「状況によって、ファンサービスに応じることができない場合があることを理解してください」など、これまで人々から誹謗中傷を受けた事柄についての理解を促す文章が並んでいた。

画像: 7歳の少女が「いじめ」を告白

 レクシーと家族が言うように、彼女はまだ7歳の子供。ショービズ界で仕事をしていることを除けば、普通の子たちと何ら変わりはない。そんな幼い少女が世間の批判にさらされていることを知ったファンから、彼女のもとに励ましの言葉や声援が多く届いている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.