Photo:ゲッティイメージズ、ニュースコム、Bodyguard/Facebook
ケビン・コスナー主演で大ヒットした映画『ボディガード』の続編には、今は亡きダイアナ元妃が主演予定だったという。(フロントロウ編集部)

 2012年にこの世を去った歌姫ホイットニー・ヒューストンが歌う主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が世界中で大ヒットしたことでも有名な1993年公開の映画『ボディガード』。劇中で主役を演じたケビン・コスナーが、その続編にはダイアナ元妃が主演する予定だったと米Peopleに明かした。

画像1: 『ボディガード』続編にはダイアナ妃が主演予定だった、ネックは「キスシーン」

 続編はオリジナルと似た設定で考えていたそうで、ケビン演じるボディガードが恋に落ちるヒロインを、ダイアナ元妃が演じる予定だったという。

 しかし、イギリス貴族として育ち、英国王室の元ファミリーであるダイアナ元妃には、ある心配があったよう。ダイアナ元妃に、電話越しにその相談をされたケビンは当時をこう振り返る。

 「電話越しの彼女はすごく丁寧に話してくれたのを覚えているよ。そしてこの質問を聞いてきたんだ。『キスシーンのようなものは、あるのでしょうか?』ってね」

画像2: 『ボディガード』続編にはダイアナ妃が主演予定だった、ネックは「キスシーン」

 もちろんラブストーリーには、キスシーンはつきもの。しかしダイアナ元妃の思いを聞いたケビンは、「彼女の人生は厳しく管理されていたから、彼女は不安に思ったんだろう」と振り返り、「そうだね、少しはそういうのもあるかもしれない。でもどうにかできるよ」と答えたという。

 ちなみに、ケビンは2012年に米トーク番組『Anderson Live(原題)』に出演した際にもこの逸話に関して明かしている。ケビンによると、彼の元に出来上がった続編の脚本が送られてきたのは、ダイアナ元妃が交通事故で亡くなった前日だったという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.