夏に海辺でハメを外す時には、水着の「着方」に気をつけよう。ある女性の赤っ恥エピソードが大反響を浴びている。(フロントロウ編集部)

 スコットランドに住むリンジーは、ファッションを専攻している大学生。ある日友達と海へ出かけたという。

 しかし数時間後にトイレから出てきたリンジーの水着に異変が。なんと、水着の股部分が細すぎて“アソコ”が丸見え状態に。

画像: 「アソコ」が丸見えになる水着にクレーム入れた女性に、ブランド側がまさかのツッコミ

 あまりに衝撃的な恰好のせいでビーチから追い出されてしまったというリンジーは、恥ずかしさのあまり、着ていた水着のブランドに問い合わせてみることにしたという。

 「この水着を着てるとアソコが丸見えになるんだけど、この水着はストレッチしないわけ?」と、水着の着用写真とともに、ブランドに抗議のメッセージを送ったリンジー。

 するとブランド側から返ってきたメッセージを読んだリンジーは、さらに大赤面する事態に。

 「送っていただいた写真を拝見したところ、水着を逆さまに着ていらっしゃるようです。お客様がご購入された水着は、このようになるはずです。ゴールドのブランドロゴのラベルは、背中の高い位置にくるべきです。そうすると、(股の)細い部分はストラップで、(きちんと着れば)肩周りにくると思います。この情報がお役に立つと幸いです」

 じつは、楽しさのあまりお酒を飲みすぎてしまったリンジーは、トイレで脱いだ水着を逆さまに着てしまったよう。リンジーはツイッターで、返金まで狙っていたことを恥じながらも、一緒にビーチへ行っていた女友達もこのミスに気がつかなかったことをジョークにしていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.