人気モデルのハイディ・クルムが来日。46歳とは思えない美しすぎる下着姿で来日していることを明かした。(フロントロウ編集部)

下着姿で堂々とポーズ

 毎年ハロウィンになると誰よりも目立つスゴすぎる仮装が注目され、「ハロウィンの女王」という異名を持つモデルのハイディ・クルムが来日中。

 ハイディは東京タワーが見える絶好のロケーションのホテルに宿泊し、部屋の一角には国内での仕事に使う衣装がどっさり。そして溢れんばかりの衣装が置かれた部屋で東京タワーをバックに下着姿でポーズ。

 自身のランジェリーブランド、インティメイツ(Intimates)の真っ赤な下着をつけたハイディは、46歳とは思えない鍛えられた美ボディを日本で披露した。

 以前から桜のシーズンに日本を訪れるなど、日本好きな一面を見せていたハイディだけれど、2018年に16歳下のバンドマンである時雄・ホテルのトム・カウリッツと婚約してから来日するのは今回が初めて。残念ながら今回はトムと一緒に来日することはなかったものの、遠く離れたトムにテレビ電話をしながら蕎麦を食べる姿をSNSで公開しており、ラブラブっぷりは健在だった。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.