カーダシアン/ジェンナー家の末っ子カイリー・ジェンナーが、インフルエンサーからの「パクリ疑惑」を、姉の言葉を引用して一刀両断した。(フロントロウ編集部)

 自身がプロデュースするコスメライン、カイリーコスメティクス(KylieCosmetics)を成功させ、21歳でビリオネアとなったカイリー・ジェンナー

 そんなセレブなカイリーは現在、タークス・カイコス諸島でバケーション中。ラクジュアリーな写真を次々と投稿するなか、ホテルらしき場所の前で撮影したと思われる全裸写真を公開した。

 大きなストローハットで顔を隠したカイリーが、脚を組み、美乳を手ブラで隠したこの全裸写真には、「完璧」「最高」といったコメントが多く届くなか、アメリカのインフルエンサーであるアマンダ・エンサインがこんなコメントをカイリーに突きつけた。

 「この写真って、まじで私のみたい」

 アマンダが自分の写真に似ていると言ったのは、彼女が6月18日に投稿したこちらの写真。

 ストローハットで顔を隠し、脚を組んだこのヌード写真は、確かにカイリーが投稿したものと似ている。

 しかしカイリーにとってこの「パクリ疑惑」は心外だったようで、姉キム・カーダシアンの言葉を引用して一刀両断。

 「キムの言葉だけど、あなたは私のムードボード(※)に載ってないの。私のインスピレーションはピンタレストよ」
 ※自分のインスピレーション画像を集めたボード。

 そう言って、インスピレーションの源は写真系ソーシャルメディアサービスのピンタレストで見かけた写真であり、「パクリ疑惑」を唱えた女性は考えにすら入っていなかったとしたカイリー。

 じつはカイリーの姉キムも、今年2019年5月にインスタグラマーからドレスが似ているといちゃもんをつけられたことが。しかしキムは、自身のドレスのインスピレーションは大御所シンガーのシェールであると明かし、そのインスタグラマーの投稿は「私のムードボードにはない」と一刀両断していた。

 そんな姉と同じような経験をしてしまったカイリーは姉の言葉を引用して相手を一刀両断し、その後は何ごともなかったかのように多くのバケーション写真を投稿。豪華な旅行の様子をファンに報告した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.