シンガーのショーン・メンデスが新たに左の二の腕にいれた「蝶(チョウ)のタトゥー」は、ファンが作った「フェイク画像」がきっかけでいれたものだった!?(フロントロウ編集部)

きっかけはファンが作った“フェイク画像”

 すでに複数のタトゥーが体に入っているシンガーのショーン・メンデスが、つい先日、新たに左の二の腕に「蝶」をモチーフにしたタトゥーをいれたことがわかった。しかも、タトゥーを入れるきっかけとなったのは、ファンが作った「フェイク画像」だというから驚き。

 事の発端は、ある女性ファンが画像加工ソフトなどを使って、ショーンの体に実際には入っていないタトゥーをあたかも入っているかのように合成して作った、“ファンアート”と呼ばれるフェイク画像をツイッターに投稿したことにある。

コチラがそのフェイク画像。この時点では、まだショーンの左の二の腕にはタトゥーは入っていなかった。

 後日、たまたまそのフェイク画像を発見し、タトゥーをひと目見て気に入ったショーンは、「ちょっと待って。これすごくいいじゃん。(タトゥーの)原画をダイレクトメッセージ(DM)に送ってくれる?」とツイート。

 DMでやりとりする過程でフェイク画像を作った人物と、タトゥーのイラストを描いた人物は別人だということが判明するも、無事に求めていた原画を手に入れたショーンは、以前から世話になっているタトゥーアーティストを呼び寄せて、お望みのタトゥーをゲット。入れる場所からサイズまで、ファンが作ったフェイク画像を忠実に再現した。

 ちなみに、ショーンの右の二の腕に入っている「電球」をモチーフにしたタトゥーも、ファンがデザインしたものである。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.