シンガー兼女優のセレーナ・ゴメスやジェニファー・ロペスをはじめ、多くのセレブを顧客にもつ有名ネイリストのトム・ベイチェックが、セルフネイルで簡単に今っぽいオシャレなネイルアートを作るワザを紹介。(フロントロウ編集部)
画像: セレーナ・ゴメス(左)、ジェニファー・ロペス(右)

セレーナ・ゴメス(左)、ジェニファー・ロペス(右)

爪の上でグルグル円を描いて作る、モードなネイルアート

 トムが紹介したのは、マニキュア2色を使ってオシャレでモードなネイルアートを作る方法。

 トムは、シャネルの2019年秋冬コレクション「ヌワール エ ブラン ドゥ シャネル」から、ホワイトとブラックのマニキュアを使用。

 ネイルアートのやり方は、まず、爪に半分ずつカラーを塗ったら、乾く前に爪の中央にスティックをつけ、ゆっくりグルグルと外に向かって大きな渦を描いていく。

 それだけで、今っぽくてオシャレなネイルアートが完成!

 仕上げにはトップコートを塗って、表面をなめらかに整えて。

 トムは、先端がボールになっているネイル用のスティックを使用している。ボールだと、グルグル渦を描きやすいけれど、手持ちにない時は、つまようじなどを使ってみては。ホワイトと黒だとモードでクールな印象だけれど、ブライトカラーでも可愛く仕上がりそう。

画像: 爪の上でグルグル円を描いて作る、モードなネイルアート

 普段のネイルに飽きたときも、これなら簡単にできるから一度試してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.