シンガーのジャスティン・ビーバーがお披露目した眉ピアス&歯のアクセサリーが、一部のファンから酷評されている。あなたはアリ?ナシ?(フロントロウ編集部)

ジャスティンが“新ルック”を公開

 今年でデビュー10周年を迎えたシンガーのジャスティン・ビーバーが、つい最近ゲットしたばかりの眉ピアスと歯のアクセサリー「グリル」をお披露目。眉ピアスはあまり目立たないので“気にならない”という声も多かったが、ギラつき具合がハンパないグリルは「イケてる」「カッコイイ」といったポジティブな反応がある一方、一部のファンの不評を買っている。

 グリルは、1990年代から2000年代初頭にかけてヒップホップアーティストたちの間で大流行したアイテム。

 今回、ジャスティンのグリルを作ったのは、ジャスティンとも仲が良いラッパーのポスト・マローンとも付き合いがあるジュエラーのゴールド・ティース・ゴッド(Gold Teeth God)で、彼らの公式インスタグラムで公開された動画でジャスティンのグリルの全貌を見ることができる。

この投稿をInstagramで見る

@justinbieber going crazy New teeth invisible set

GoldTeethGod さん(@goldteethgod)がシェアした投稿 -

 グリル全体に散りばめられたキラキラと光り輝く物体は恐らくダイヤモンド。価格は明かされていないが、相当なお値段になることが予想される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.