映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の8月2日の公開に先駆け、強く美しい女性陣が揃うワイスピシリーズ初参戦のキャラクター、マダムMのキャラクター映像と場面写真を日本先行公開!(フロントロウ編集部)

新たな主人公で、新たなストーリーが幕開け

 全世界累計興収5000億円を突破という規格外の人気を誇り、常識にとらわれないスケールで人気アクションシリーズへと成長したワイスピの最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が、8月2日(金)にいよいよ日本公開される。

画像: 新たな主人公で、新たなストーリーが幕開け

 ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の男・元MI6エージェント、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というワイスピファンにはおなじみの2人を新たな主役に迎え、シリーズを見たことがないファンも楽しめる内容となっている本作。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』あらすじ
ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!
8月2日(金)全国拡大ロードショー

度胸の女性マダムMの映像&写真を先行公開

 ワイスピは、セクシーで強い女性である“ワイスピガール”が登場することで有名。

 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』では、そんなワイスピガールの1人として、マダムMという女性が登場。ショウも頼りにする武器ディーラーの彼女は、「だましたら心臓をえぐり出すぞ」とすごむブリクストンにクスリと笑って「私心がないかも」と返せる度胸のある女性。

画像: 度胸の女性マダムMの映像&写真を先行公開

 今回フロントロウ編集部が先行公開するキャラクター動画では、マダムMを演じるエイザ・ゴンザレスが役柄について「大胆不敵こそ彼女の最大の武器」と語る。

 エイザが「超クールよ」と明かすマダムMは、悪の組織から武器を奪って調達する武器ディーラーとして闇社会と通じる女性。劇中では、一般人では到底見たことのない武器や装備がずらりと並ぶなか、ブリクストンの戦い方を分析し、ホブス&ショウにそれぞれ合ったアイテムを次々と差し出す。

画像: 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』マダムMのキャラクター映像【先行公開】 youtu.be

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』マダムMのキャラクター映像【先行公開】

youtu.be

 シリーズ史上最恐の敵ブリクストンを前にしても恐れることなく余裕の笑みを浮かべながら着々と任務をこなす新“ワイスピガール”であるマダムMを演じるのは、映画『ベイビー・ドライバー』や『アリータ: バトル・エンジェル』など注目作に次々と出演し、その妖艶な雰囲気で視聴者をひきつけるエイザ・ゴンザレス。

 劇中では、そんなエイザ演じるマダムMとジェイソン演じるショウの濃厚な絡みも見どころのひとつ。

 本作の監督デヴィッド・リーチは「キャラクターを取り巻く世界を作り上げることで観客が物語に入り込んできてほしい」と語っているが、マダムMが登場するシーンは、ホブス&ショウのワイルドな雰囲気から一変し、マダムM率いる華やかな女性チームに引き込まれるデヴィッド監督の手腕が光るワンシーンとなっている。車だけじゃない『ワイスピ』の魅力を8月2日(金)に劇場で確認して。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.