Photo : ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
人気ファッションブランドのフォーエバー21の商品につけられた「おまけ」が物議をかもしている。(フロントロウ編集部)

人気ブランドがまさかの大炎上

 流行を素早く反映した豊富な商品展開が魅力で、日本でもお馴染みのファストファッションブランド Forever 21(フォーエバー・トゥエンティワン)。セレブにもファンが多いこのブランドが行なったあるマーケティングが、本国アメリカの顧客の間で物議をかもしている。

画像: 人気ブランドがまさかの大炎上

 今回のできごとの発端となったのは、同ブランドがEC販売の商品につけたおまけ。オンラインで商品を注文したカスタマーに、「アトキンス(※)」という食品ブランドのダイエット食品が商品と一緒に送られた。
※低炭水化物を取り入れ、体重を減らす方法として知られるアトキンス・ダイエットとして知られる

 そんな栄養バーのサンプルを手にした客は激怒。ネット上では、プラスサイズの商品を注文した顧客を中心に、「大きめのサイズの洋服を注文したからダイエットをしろということ?」、「やせた人にも送っているのか」と炎上する事態に。企業によるファットシェイミング(※)になりえることや、すでに摂食障害で悩む人などの症状悪化を助長する可能性があるなどと、多くの意見が挙がっている。
※太っている人のことを、その体型をもって侮辱すること

ブランドが謝罪

 今回の一連の騒動を受け、会社側は声明を発表。「キャンペーンの一環として、すべての注文、すべてのサイズの商品に(食品サンプルを)付属させていました。不快な気持ちにさせてしまったことを謝罪します。故意ではありません」と謝罪し、今後はダイエット食品を発送しないとしている。

画像: ブランドが謝罪

 無料のサンプルをつけるというブランドによるマーケティングの一環として行なわれた今回のできごと。一部では「小さいサイズの服を頼んでもこのサンプルを受け取ったのだから、個人的なものではない」という意見も聞かれたが、「それでも今回のおまけは適切ではない」、「ダイエットするかどうかは個人の選択であるべき」、などの声が相次いでいる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.