ジェニファー・アニストンと元夫が再集合。その理由が、切ない。(フロントロウ編集部)

ジェニファーの愛犬ドリー

 90年代に一世を風靡したドラマ『フレンズ』で主役レイチェルを演じたジェニファー・アニストンは、数年前に保護犬のドリーを愛犬として迎えいれてロサンゼルスで一緒に暮らしていた。

 ジェニファーは、その後2015年に俳優のジャスティン・セローと結婚。2017年に2人は離婚したけれど、2人のドリーに対する愛は深く、ジェニファーとジャスティンはドリーの共同親権を取得していた。

 そんなドリーが、7月29日に他界。ドリーが多くの花に包まれたお葬式の様子を、ジャスティンがインスタグラムに公開した。

 「彼女は家族に見守られていました」というコメントが添えられたとおり、葬儀にはジェニファーもジャスティンも集合。

 さらにジャスティンは、ジェニファーと思われる女性とドリーの身体に手を置いて、お互いの手を握り合う写真も公開した。

画像: ジェニファーの愛犬ドリー

(フロントロウ編集部)

 一部に誤りがあったため訂正致しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.