英国王室のヘンリー王子は、息子アーチーの育児にしっかりと向き合っているよう。(フロントロウ編集部)

パパになったヘンリー王子

 イギリス王室のヘンリー王子は、2018年にメーガン妃と結婚。2019年5月には第1子アーチーが誕生した。

画像1: パパになったヘンリー王子

 アーチーのお披露目会では他のロイヤルファミリーと違い、ヘンリー王子がアーチーを抱っこして登場したことでも話題に。ヘンリー王子は、しっかりとした責任感を持って子供を愛しているそうで、関係者は米Us Weeklyにこう明かす。

「彼は、自分の手が汚れることを気にしない父親ですよ」

画像2: パパになったヘンリー王子

 ヘンリー王子はおつむ替えも、食後のげっぷも、アーチーのよだれや唾をキレイにすることも率先してやってくれるそう。

 また、ヘンリー王子は、まだまだ数時間おきに起きてしまう月齢であるアーチーのために「夜中でも起きて息子の世話をする」そうで、「ヘンリー王子は音痴なんです。彼自身も自覚してます。それでも、彼はアーチーのために子守唄を歌うんですよ」といった可愛らしすぎるエピソードも。

 さらに関係者によると、ヘンリー王子は父親として育児をすることをきちんと理解しているそう。

「メーガン妃はヘンリー王子に頼むなんてことはしません。ヘンリー王子はただ行動してくれますから」

画像3: パパになったヘンリー王子

 子育てに参加する男性が多くなったとはいえ、子供の母親の“お手伝い”をするという意識がまだまだ主流のなか、自分が主役であるという意識をもって自立して育児に取り組むヘンリー王子。

 ヘンリー王子は、一瞬で過ぎ去る幼い息子アーチーとのかけがえのない時間を大切にしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.