ゼンデイヤが、出演するHBOのドラマ『ユーフォリア(原題:Euphoria)』から、楽曲をリリースした。(フロントロウ編集部)

ゼンデイヤが新曲をリリース

 ドラッグやセックス、アイデンティティー、ソーシャルメディアなどに悩みながら、恋愛や友情といった人間関係に苦しむ高校生たちを描いたHBOのドラマ『ユーフォリア』。過激な内容が公開前から話題を呼んでいた同作は、シーズン1の反響を受けて、先日早くもシーズン2の制作が決定。

 そんな話題作の主演として、噓つきで薬物中毒の高校生ルーを演じるゼンデイヤが歌う劇中歌がリリースされた。

 ゼンデイヤがイギリス出身のシンガーソングライターのラビリンスとコラボしてリリースした同曲のタイトルは、「all for us(オール・フォー・アス)」。今回ミュージックビデオも公開され、劇中のゼンデイヤ演じるルーの心境や取り巻く環境を描いたような、出口の見えないなんともダークな仕上がりとなっている。

 ミュージックビデオはこちらから。

 iTunesなど音楽ストリーミングサービスでも配信されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.