Photos: ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
米グーグルがイタリアで開催した、「環境問題」について話すサミットが炎上中。ヘンリー英王子やレオナルド・ディカプリオ、ケイティ・ペリーが参加したイベントの問題点とは?(フロントロウ編集部)

GoogleCamp、2019年のテーマは「環境問題」

 Googleが著名人などを招待して数日間かけて世界の問題について話し合うイベントGoogle Camp(グーグル・キャンプ)。2019年は人類にとって最重要課題である気候変動(Climate Change)をテーマに、イタリアのシチリアで3日間にわたって開催された。

 完全招待制のシークレットイベントには、イギリスのヘンリー王子をはじめ、バラク・オバマ元米大統領、レオナルド・ディカプリオ、ケイティ・ペリー、オーランド・ブルーム、ハリー・スタイルズ、ブラッドリー・クーパー、ステラ・マッカートニー、ニック・ジョナス、プリヤンカー・チョープラー、オプラ・ウィンフリーなど、エコ活動に熱心なことで知られるそうそうたるビッグセレブが参加。

画像: ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリー

画像: ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ

 しかし、地球をより良い場所にしようと集まった人々が、大きな批判を浴びている。

ジェットや大型ヨットで環境破壊!?

 エコをテーマにしたGoogleのイベントに集まったセレブたちがバッシングされている理由は、このセレブたちが、プライベートジェットに乗ってやってきて、現地の海で大型ヨットに乗ってパーティーをしてと、エコイベントで温室効果ガスをまき散らしたとされているから。

画像1: ジェットや大型ヨットで環境破壊!?
画像2: ジェットや大型ヨットで環境破壊!?

 米The Postは、同サミットでは114機のプライベートジェットが使用され、それだけで78万4,000キロ分のCO2が排出されたと計算している。

 5つ星のヴェルドゥーラ・リゾートで開催された2019年のGoogle CampにGoogleは約20億円かけたとほうじられており、イベントでは、コールドプレイのヴォーカルであるクリス・マーティンによるパフォーマンスも行なわれたという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.