チャーリーXCXが、テイラー・スウィフトのコンサートでゲスト出演した時のことについて「5歳児に手を降っているみたいだった」と発言。その真意とは?(フロントロウ編集部)

発言の意味を本人が説明

 「レピュテーション・ツアー」のサポートアクトとして、2018年に約半年間テイラー・スウィフトと世界を周った人気シンガーのチャーリーXCX。来日インタビューで「テイラーのステージは本当にすごいと思う。観客のみんなが歌詞を知ってくれているのもすごいよ。終わってしまうのが悲しい」と語ったチャーリーは、プライベートでもテイラーと仲が良いことで知られている。

画像: 同じくオープニングアクトを務めたカミラ・カベロ(写真中央)をはさんで。

同じくオープニングアクトを務めたカミラ・カベロ(写真中央)をはさんで。

 そんなチャーリーが、米メディアPitchforkのインタビューにて「テイラーがツアーに私を呼んでくれて本当に嬉しかった。でも、ステージから5歳児に向かって手を振っているような気分になった」と発言。この“ディス”とも取られる発言が話題になり、本人が釈明する事態に。チャーリーはツイッターにこう書き込んだ。

「私の発言が意図していない方向に捉えられているので、これは侮辱ではないということと、テイラーには愛しかないことを明らかにしておきたい。このインタビューでもそうだし、今までに何度も言っているけれど、ツアーに呼んでくれたことに対して、テイラーには本当に感謝しているの」

画像1: 発言の意味を本人が説明

 自分が思っていたこととは違う形でインタビューでの発言がネットに出回ってしまっていることを明かしたチャーリー。さらに「5歳に手を振っている気分」というコメントが、「ひとつの変な文」に変えられてしまったといい、さらにこう綴った。

「私はこれまで18歳以上しか入れないクラブでパフォーマンスすることが多かったから、様々な年齢層がいるテイラーのコンサートでステージに立つことは新鮮で、私にとって違う形のエネルギーを感じられたという意味。だから私はそういう機会に恵まれたことに感謝して、今まで会ったことのない観客の前で歌うことが楽しかったと話したの」

画像2: 発言の意味を本人が説明

 チャーリーは、テイラーに感謝の気持ちを述べながら、自分のオーディエンスとは異なる“エネルギーに溢れる観客”を表す褒め言葉として「5歳児」と発言したことを明かした。

 インタビューでの発言の一部だけが切り取られ、誤解されてしまうことも多いセレブたち。チャーリーはこの一件について自分の言葉で説明しながら、「今まで参加したどのツアーからも学ぶことがたくさんあった」と改めてその思いを綴った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.