シンガーソングライターのマイク・ポズナーが、アメリカ横断中にガラガラヘビに噛まれて緊急搬送された。(フロントロウ編集部)

2,800マイルの旅をしていたマイク・ポズナー

 アメリカで活躍するマイク・ポズナーは、ジャスティン・ビーバーの「ボーイフレンド」や、マルーン5の「シュガー」などのソングライターとして有名。シンガーとしても、2016年に「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」が世界的ヒットをした。

 クリエイティブな活動に精を出していたマイクだけれど、2019年4月15日から、ニュージャージー州から徒歩でロサンゼルスを目指すという、名作映画『フォレスト・ガンプ』さながらの、徒歩による2,800マイル(約4,500km)のアメリカ横断の旅をしていた。

 1日20マイル(約32km)は歩くことを目標にしていたマイクは、すでに1,600マイル以上を歩いていたと見られる。目的地へと着実に歩を進めていたマイクだけれど、その旅は一時中止となってしまった。

 なぜならマイクは、ガラガラヘビの子供に噛まれてしまったから。

ヘビに噛まれてドクターヘリで搬送される

 有毒なガラガラヘビに噛まれたマイクは、早急に病院へと向かうために、ヘリで緊急搬送されたという。

 そして事件から1晩が経った8月8日に、マイクはタオルに巻かれ担架に乗せられた痛々しい姿でインスタグラムを更新。

「昨日はクレイジーな日だった!16マイルを歩き、さらに8マイルを歩こうとしていたところで、ガラガラヘビの子供に遭遇してしまったんだ!毒はまじでヤバいな!病院に搬送されて、抗毒素を打ってもらえたよ」

 そういって、医師による迅速な措置のおかげで命に別状はないことを報告した。

 恐怖のアクシデントに見舞われたマイクだけれど、「あと数日は入院しなくてはならないし、数週間は歩けもしないけど、クーラーの効いた部屋の良いベッドを楽しんでるよ。しばらくこういうものに縁がなかったからね(笑)」と、久しぶりの文明の利器に喜ぶ余裕を見せた。

 しかし最後には「旅に戻るのが待ちきれないよ」とコメントし、横断の旅を終了するわけではないと強調した。

画像: ヘビに噛まれてドクターヘリで搬送される

 そんなマイクの状況を知ったジョナス・ブラザーズジョー・ジョナスは、「ゆっくり休んでくれよ兄弟!無事で良かった」とマイクの体調を気づかい安堵する様子を見せ、シンガーのジェシー・Jは、「あなたは本当にすごい人だわ」とマイクの挑戦を称えた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.