ザ・ビートルズの名盤『アビイ・ロード』のジャケットを撮影した日を記念して、ポール・マッカートニーが亡き妻リンダ・マッカートニーが撮影したオフショットを公開した。(フロントロウ編集部)

ポールが思い出の写真を公開

 ビートルズ最後のスタジオアルバムとなったアルバム『アビイ・ロード』。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人が横断歩道を渡っている『アビイ・ロード』のジャケットは、ファンならずとも1度は見たことがある超有名な写真。

 かの有名なジャケット写真は、1969年8月8日にアビイ・ロード・スタジオのほぼ真正面にあった横断歩道で写真家のイアン・マクミランによって撮影されたもの。この歩道橋での写真が撮影された50年後にあたる2019年8月8日にポール・マッカートニーがある写真を自身のインスタグラムに公開した。

 それは亡き妻リンダ・マッカートニーが撮影した『アビイ・ロード』撮影中のオフショット。

 ポールはビートルズのメンバーとリンダを懐かしむように1人1人の名前のハッシュタグをつけ、横断歩道を渡ろうとしている4人の写真をアップした。

 2019年は『アビイ・ロード』がリリースされ50年という大きな節目の年。そのため『アビイ・ロード』50周年記念エディションが9月27日にリリースされる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.