ドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン3が、9月13日(金)からHuluで独占配信されることが決定。同時に、ティーザー予告と場面写真が解禁された。(フロントロウ編集部)

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

 エミー賞では11部門を受賞し、動画配信サービスのオリジナルドラマとして、同賞で史上初の作品賞を受賞する快挙をとげた、Huluによるドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』の最新シーズンが、9月13日よりいよいよ日本での配信をスタートさせる。

画像: 『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

 マーガレット・アトウッドの同名ベストセラー小説を原作とした同作は、かつてアメリカの一部だった宗教主義国家のギレアド共和国が舞台。環境汚染と少子化問題に悩まされるギレアド共和国は、妊娠ができる健康な体を持つ女性を「子どもを産むための道具=侍女」として国家の財産と扱う。そんなギレアドで、司令官の家庭に仕える“侍女”に強制的にされた主人公ジューン(エリザベス・モス)。たった一言で命を落としかねない不条理で絶望的な世界を女性たちがいかに強く生き抜くかを、ジューンの目線を通して力強く描いていく。

シーズン3のティーザー予告が公開

 最新のシーズン3では、ギレアド政府の要人であるジョセフ・ローレンス(ブラッドリー・ウィットフォード)の元に新たに仕えることになったジューンが、水面下で女中たちのレジスタンス活動が活発化していることを知り、その活動に協力していく。

画像1: シーズン3のティーザー予告が公開
画像2: シーズン3のティーザー予告が公開

 この度解禁となったティーザー予告では、これまでのシーズンを振り返る内容に続き、首都ワシントンD.C.のシンボルであるワシントン記念塔が、宗教主義国家のギレアドでは十字架となっていることがわかる衝撃的なカットで締めくくられる。

 さらに、「反乱軍にはぴったりの制服ね」と強いまなざしで前を向くジューンのセリフと共に、まるで兵士のようにずらりと並ぶ侍女たちの姿が見られ、シーズン3ではジューンがギレアドのさらに内部まで踏み込んでいくことが予感される。

 あわせて解禁となった場面写真では、ジューンが侍女の赤い衣装ではなく女中の制服に身を包む姿や、ジューンが仕えていたウォーターフォード司令官の妻セリーナが燃え盛る部屋の中に佇む姿も見られ、ギレアドで生きる女性たちに様々な変化が訪れる様子が伝わる。

画像3: シーズン3のティーザー予告が公開
画像4: シーズン3のティーザー予告が公開
画像5: シーズン3のティーザー予告が公開
画像6: シーズン3のティーザー予告が公開

 果たして、自らギレアドに残ることを選択したジューンは、次にどのような行動に出るのか。世界中で社会現象を巻き起こしている衝撃作の最新シーズンは9月13日(金)からHuluにて独占配信される。

画像7: シーズン3のティーザー予告が公開
画像8: シーズン3のティーザー予告が公開

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン3(全13話)
9月13日(金)からHuluにて独占配信スタート、以降毎週金曜日に1話ずつ追加配信予定

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.