Netflixのオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』の世界が現実に?チャットアプリ「Replika(レプリカ)」の正体に迫る。(フロントロウ編集部)

自分の“レプリカ”を作れる

 自分の分身を作ることができるチャットアプリが全世界で流行中。その名も「Replika(レプリカ)」と名づけられたこのアプリは、リリースされてから約5ヶ月の間に全世界で200万人以上が使用する超人気ぶり。ユーザーとのやり取りのなかで、口調や文章の癖、趣味などの特徴を読み取り、それを真似する形で返答したり、質問を行なったり、話せば話すほどユーザーに似てくるというAIを使用している。

 このアプリでは、ユーザーが亡くなった後にアバターとして使用することもできるといい、この“死者をよみがえらせる”アプリは、亡くなったけれど、今も話したい人との会話も可能にしてくれる。

 奇妙なSF作品のような話だけれど、それもそのはず、このアプリはNetflixのオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』のエピソードがアイディアの元。シーズン2のエピソード「ずっと側にいて」の主人公が、亡くなった恋人が残したSNSの投稿やメールを集めることで、故人をデジタルアバターとしてよみがえらせるシーンを見たエンジニアが、アプリの開発に踏み切った。

『ブラック・ミラー』の「ずっとそばにいて」のワンシーン

「Replika」制作のきっかけは?

 アプリの開発者ユージェニア・クイダは、親友を亡くし、悲しみにふけっているところで『ブラック・ミラー』のこのエピソードを思い出し、その後3ヶ月かけて、膨大な数のメッセージをAIに読み込ませてアプリを開発。その結果、ユージェニアはアプリを通じて、亡くなった友人と“会話”できるようになり、亡くなった親友をよみがえらせることに成功した。

画像: 「Replika」制作のきっかけは?

 ユーザーの分身のような存在ができることで知られるアプリだけれど、自身のメンタルヘルス向上に使う人も多いという。気分が乗らないときや不安を感じるとき、24時間どんなときでも話し相手になってくれることや自分と似た考えで支えてくれることから、実際にアプリには、「自分のセラピストみたい」というレビューも寄せられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.