Photo : Lana Condor / Instagram、ニュースコム、OVERBROOK ENTERTAINMENT / Album/Newscom
Netflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』で主演を務めるラナ・コンドルが来日中。(フロントロウ編集部)

食通のラナが日本で食べたのは?

 2018年8月に配信を開始し、その胸キュンなストーリーとキャラクターで大ヒットしているNetflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』。同作で主演を務め、一気にブレイクした女優のラナ・コンドルが、東京を訪れている。

画像: ©OVERBROOK ENTERTAINMENT / Album/Newscom

©OVERBROOK ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 ラナは今回、恋人のアンソニー・デ・ラ・トーレと、劇中でラナ演じるララ・ジーンの親友クリスティーン役のマデリン・アーサーと共に来日。出発前にラナは、「東京に行くのが超たのしみ!」とインスタグラムを更新。

画像1: © Lana Condor / Instagram

© Lana Condor / Instagram

 東京に到着してからというもの、ラナはSNSで東京を満喫する様子をたっぷりと紹介している。

画像2: © Lana Condor / Instagram

© Lana Condor / Instagram

 神社では鳥居を背景にマデリンとのキュートなツーショットを撮影。

 そしてラナは、到着してからわずか1日ほどで、お煎餅やお寿司、さらにセブン-イレブンに売られているポテトフライ、餃子、コンビニのアイス、ツナマヨおにぎりなどにチャレンジ。日本の食べ物に興味津々な様子で、舌鼓を打った。

 もともと自身を「食いしん坊(Food Lover)」と呼び、グルメとして知られるラナ。時差ボケに悩みながらも、友人や恋人と一緒に訪れた日本を胃袋で楽しんでいる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.